注意点

通信設定をする

iosのアプリ開発にかかる費用面での注意点

ios環境におけるアプリ開発ではiphoneの独自の特性を生かして開発が行えるというメリットがあり、もともとiosのスマートフォンを利用している人にとっては直感的にアプリ開発が行いやすいというメリットがあります。そのため、iphoneユーザーはアプリ開発を行うOSとしてiosを選択する傾向にあります。 個人でアプリ開発をしていく際に気をつけなければならないのは、公開に際しては費用がかかるのが一般的であるということです。iosで開発を行って公開する場合には開発者としての登録が必要であり、それに年間費用がかかります。したがって、一度開発者となったら継続的にアプリ開発を行って少しであっても収入を上げなければ損をしてしまうことになる点に留意が必要です。

アマチュアプログラマにとっての開発への動きの変遷

アマチュアのプログラマーにとって、気軽に自作したものを公開できるという魅力は大きいものです。それが容易に実現されるようになったのはパソコンとインターネットの普及でした。これにより開発したソフトウェアをホームページ上で自由に公開することが可能になり、趣味として行う人や副業として行う人が増えてきました。 スマートフォンの普及によって、アプリ開発にも目を向けられるようになりました。パソコンのソフトと同じ感覚で考えると費用をかけずにアプリの公開ができると考えてしまいがちですが、アプリの品質を保つために登録と審査を設けるという方向性が打ち出されていました。そのため、アプリ開発に転向する人はそれほど多くない傾向があります。しかし、ニーズの上昇に伴い、徐々にその担い手が増えてきています。

このエントリーをはてなブックマークに追加